■□ModernCaféな部屋作り□■  

2001年築の2LDK、約55㎡中古マンションに生息中。落ち着いたお洒落Caféのような部屋作りに奮闘中です。

BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 猫さんBLOGTOP » ◆猫との暮らし~2011.06 » TITLE … 猫さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫さん

18年以上も共に過ごしてきた猫さんが旅立って2か月たちました。

「もう2か月??」「まだ2か月??」いろいろな思いが交差する毎日です。
以前にも増して寂しく、心に穴が開いてしまったnekoko**。
きっとこんなに悲しいお別れは人生最初で最後だと思うぐらい、私は悲しく
さびしい気持ちです。

これが俗にいう「ペットロス」だと思います。
これはペットを飼ううえでは、必ずやってくるものです。

今は本当に「猫さんのぬくもりが恋しい」それだけです。
本当に本当にかわいい猫さんでした。(飼い主さんは皆同じことを言うと思います)
すごくすごくいい子でした。いい子すぎて私にはもったいないぐらいの子でした。
毎日手を合わせては涙しています。

そんな私を見かねた主人は「新しい猫さんを迎えてはどう??」と・・・。
もともと主人は実家で犬を飼っていたこともあって、動物好きです。
実家の犬も10年以上も前に亡くしてはいますが、そのせいか前向きに考えられる
ようです。
さびしい、悲しい気持ちはもちろんあるけど、楽しかった思い出のほうが強くなる!!
とのことです。
解らなくもないですし、あまりにさびしがってる私のことを思ってのことでしょう。

でもペットを飼うということは最後まで看取るということ

今から20年近く、私は見ていけるだろうか…。
自分自身の健康も不安になってくるお年ごろ。万が一ってこともありうる、中年世代。(T_T)
私が死んでしまったら、とり残された猫さんはどうなる!!!
20代初めのころのように「最後まで絶対に見れる!!」という自信はありません。

「飼わないのも愛情の一つ!!!」今はこの言葉が身に染みています。
私に飼われるよりも、もっと若くて前途有望な人に飼っていただいて、たくさんの愛情を
注いでもらいたいな…というのが正直な今の気持ちです。
考えすぎでしょうか…。

本当はまた猫さんと暮らしたいという気持ちもあるのも事実です。
ただ・・次の猫さんとのお別れを私は耐えられるだろうか・・。


いろいろな思いが交差しています。

「ネコさんへ…」
あなたが旅立ってもう2か月がたちました。
そちらの世界は楽しいでしょうか??お友達はできましたか??
元気にしていますか??私はさびしいばかりです。
いつか必ず逢えるという「虹の橋」で待っていてくださいね。
たまには夢に出てきてくださいね。こんなに思っているのに「夢」ですら逢えなくて
とっても寂しいです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。